2017オーバーシュタインベルク〜ラウターボーネンタールの奥地 (Obersteinberg 2017 – inland of the Lauterbrunnental.)

2017年7月13日(木)晴れ
13 (Thu) July 2017 fair

Stechelberg 919m →Trachsellauenen 1201m→Obersteinberghutte 1778m→Hotel Tschingelhorn 1678m→Stechelberg

ラウターボーネンタール(ラウターボーネン谷) Lauterbrunnental はインターラーケン Interlaken 563m を起点とする大きな谷です。
Lauterbrunental is a great valley having Interlaken as a starting point.

これは、この大きな谷の奥地を訪ねた旅の記録です。
This article is a record visited to an inland of this great valley.

コースタイム
Cource time.

Hotel 919m 8:50 → Boden 1038m 9:12 → Ufem Biel 1150m 10:08 → Trachsellauenen 1201m 10:11 → Bergwerk 1260m (Hotel Tschingelhorn分岐)  10:22 → Schmadrihutte 分岐 1330m 10:37 → Schluchgrabenbach  1367m 10:53 →やぎのいる小屋 10:58 → Schiirboden 1379m 11:00 → Talbachfall 分岐 1436m 11:13 → WildeEgg 1560m 11:29 → Obersteinberg 分岐 12:06/12:23 → Obersteinberghütte 1778m 12:40 レストランでティーとランチとトイレ13:05 → 引き返し点 13:30/13:56 → Hotel Tschingelhorn 1678m 14:28 → 上のアルプに妙な牛のいるベンチ 14:43 → Schwendiwald 1140m 15:55 → Stechelbergの展望ポイント 16:24 → Stechelberg Hotel 919m 16:41

(補足)Stechelberg 919m を出て最後の集落 Sichellouwena 1002m を過ぎ、川に掛った橋を対岸に渡って林道に入り、山道を通って再び林道に出たところ(Boden辺り)で道を間違えてBodenを一周した。

地形図
Topography.

LANDESKARTE DER SCHWEIZ  1:25000  MÜRREN

難易度
Difficulty.

T2 (mountain hiking)

GPSルート
Our Tracks of it.

ルートの概要と写真
Discriptinons and photographs.

 この登山ルートは谷川の右岸につけられた道から歩き始め、最後の集落 Sichellouwena 1002m のところで谷川の橋を左岸に渡り、そこからSchiirboden 1377mまで左岸沿いに歩きます。
そこから Schmadrihütte 2262m に登る道を左に分け、Obersteinberg 1778m へ登ります。Stechelberg 919m からObersteinbergの山小屋までコースタイムは4時間、さらにOberhoren 2029mまで上がり、谷を一周して下ると合計で8時間以上を覚悟する必要があります。
そのため、私達はObersteinberg 1778m の山小屋で軽食とトイレを済ませ、谷奥まで少し進んだところまでとし、谷奥の景色を堪能、そこからStechelberg 919m に戻りました。
戻るルートは左岸の急斜面に付けられたまっすぐな道としました。

コース入り口の景色

本コース入り口の景色。 案内の看板があります。

この道の右側に川があります。
集落 Sichellouwena 1002m で橋を渡るまで、道は川の右岸を進みます。

Abeni Flue

見える山は右の奥から Grosshorn 3754m Mittaghorn 3892m Abeni Flue 3962m

歩き始めてしばらくは、このような林道と山道が続きますが、案内の標識があります。

歩き始めてしばらくは、このような林道と山道が続きますが、案内の標識があります

このあたりは谷川のそばなので、空気がやや湿っている感じ。
日陰に咲く花たち。名前がわかりません。

標識

この標識を左に進んで元の場所に戻ってしまった。 ここは右の山道に進むべきだった。

アストランティア・マジョル Astrantia major

アストランティア・マジョル Astrantia major セリ科 Apiaceae ヨーロッパとアジアに4、5種類分布しているだけの希少種らしい。

ブライトホルン Breithorn 3780m

Ufem Biel 1150m付近の小さな小屋。 ここから最も右に見えている山が、ブライトホルン Breithorn 3780m。

逆光だが、裏側ユングフラウ Jungfrau 4158m

これは逆光だが、ユングフラウ Jungfrau 4158mを裏側から見上げた姿。

Ufem Biel 1150m付近の小さな小屋

これも、Ufem Biel 1150m付近の小さな小屋。 ここからも、最も右の山が、ブライトホルン Breithorn 3780m

ブライトホルン Breithorn 3780m 望遠

ブライトホルン Breithorn 3780m 望遠。 手前の滝は、シュマドリバッハ Schmadribach。 落差の大きい立派な滝だ。

グロースホルン Grosshorn 3754m

ブライトホルン Breithorn 3780m の左にそびえるグロースホルン Grosshorn 3754m

トランクセルアウエネン Tranchsellauenen 1202m

トランクセルアウエネン Tranchsellauenen 1202m 道はここで川の左岸に沿った林道に出るが、道はここから険しくなってくる。

Bergwerk 1260m

Bergwerk 1260m ここは、Hotel Tschingelhorn 1678m に向かう道が分岐している。

これは目印。

これは目印。

この花も調べましたが、名前がわかりません。

この花も調べましたが、名前がわかりません。

川筋に貼りだした小尾根を超える。

川筋に貼りだした小尾根を超える。

Schmadrihütte方面への分岐を通過する 1330m

Schmadrihütte方面への分岐を通過する 1330m

少し標高が上がり、来た方向にユングフラウ Jungfrau 4158m が見える。

少し標高が上がり、来た方向にユングフラウ Jungfrau 4158m が見える。

この辺りの陽だまりに咲く花たち。
これらも、名前がわかりません。

Schluchgrabenbach の標識 1367m

Schluchgrabenbach の標識 1367m この上に急峻で狭い谷 Schluchgraben がある。

やぎのいる小屋

やぎのいる小屋 この辺りがSchiirboden 1367m。

Schiirboden 1379m の標識

Schiirboden 1379m の標識〜Schiirboden は地図上の表記ですが、現地の標識では Schirboden と表記されています。

Talbachfall 分岐 1436m

Talbachfall 分岐 1436m

WildeEgg 1560m の標識

WildeEgg 1560m の標識を通過。

木陰に咲く、ききょうの仲間

木陰に咲く、ききょうの仲間 カンパヌラ・ロンボイダリス Campanula rhomboidalis キキョウ科 Campanulacees カンパヌラ属 Campanula

Schmadribach

Schmadribach 氷河の水が流れ落ちる。

リリウム・マルタゴン

日本の「くるまゆり」のような、ゆり。 リリウム・マルタゴン Lilium martagon ユリ科  Liliacees ユリ属  Lilium

左はユングフラウ Jungfrau 4158m。 右はアーベニ・フルー Äbeni Flue 3962m.

左はユングフラウ Jungfrau 4158m。 右はアーベニ・フルー Äbeni Flue 3962m.

標高が上がってくると、辺りは草原となり、このような背の高い花が群生している。 名前はわかりません。

標高が上がってくると、辺りは草原となり、このような背の高い花が群生している。 名前はわかりません。

Schmadribachの周囲の森。  背景は、ミッタークホルン Mtttaghorn 3892m。

Schmadribachの周囲の森。 背景は、ミッタークホルン Mtttaghorn 3892m。

オーバーシュタインベルク Obersteinberg 1778m に着いた。
奥に見えるのは、チンゲルグレッチャー Tschingelgletscher の下部。

Obersteinberghütte 1778mで休憩。
以下はここで撮った写真です。

休憩を終えて、谷奥まで少し歩く。

左の丘は氷河のモレーン。  正面は、チンゲルグレッチャー Tschingelgletscher の下部。

左の丘は氷河のモレーン。 正面は、チンゲルグレッチャー Tschingelgletscher の下部。

これが、チンゲルグレッチャー Tschingelgletscher の下部。  氷河地形が興味深い。

これが、チンゲルグレッチャー Tschingelgletscher の下部。 氷河地形が興味深い。

この辺りはお花畑、いろいろな美しい花が咲いていました。

この辺で引き返します。  帰りは、まっすぐな上の道を使いました。

この辺で引き返します。 帰りは、まっすぐな上の道を使いました。

望遠で見る、ユングフラウ Jungfrau 4158m

望遠で見る、ユングフラウ Jungfrau 4158m

ミッタークホルン Mtttaghorn 3892m。

ミッタークホルン Mtttaghorn 3892m。

シュテッヘルベルク Stechelberg に帰る上の道の途中にあるホテル。 Hotel Tschingelhorn 1678m 。

シュテッヘルベルク Stechelberg に帰る上の道の途中にあるホテル。 Hotel Tschingelhorn 1678m 。

下の道のBergwerk 1260mに向かう道の分岐を示す標識

下の道のBergwerk 1260mに向かう道の分岐を示す標識

上の道は氷河谷左岸の岩壁の上に付けられている。 道に生えている草のすぐ右側は岩壁。 慎重に歩く。

上の道は氷河谷左岸の岩壁の上に付けられている。 道に生えている草のすぐ右側は岩壁。 慎重に歩く。

途中にベンチがあって、その上方の草地に奇妙な牛?が草を食んでいました。

途中にベンチがあって、その上方の草地に奇妙な牛?が草を食んでいました。

シュテッヘルベルク Stechelbergに近づいてくると、氷河谷の対岸にギンメルワルド Gimmelwald とミュウレン Mürren の街並みが見えます。

シュテッヘルベルク Stechelbergに近づいてくると、氷河谷の対岸にギンメルワルド Gimmelwald とミュウレン Mürren の街並みが見えます。 すごい岩壁の上に人が住んでいるものだと感心しました。

日本のミヤマオダマキの仲間 アクイレジア・アトラータ  Aquilegia atrata

日本のミヤマオダマキの仲間 アクイレジア・アトラータ Aquilegia atrata キンポウゲ科  Renonculacees オダマキ属 Aquilegia

シュベンディワルド Schwendiwald 1140m の付近でボーデン Boden 1038m に至る林道に出て、山道はおわった。
シュテッヘルベルク Stechelberg へは、山道から広い道に出た場所から左に折れ、標識の前から右に下る。

しばらく下るとシュテッヘルベルク Stechelberg を見下ろす展望ポイントに出た。

しばらく下るとシュテッヘルベルク Stechelberg を見下ろす展望ポイントに出た。

これが、ラウターボーネン Lauterbrunnen方面の展望。  シュテッヘルベルク Stechelberg は、このような日本の昔の農村のイメージ。

これが、ラウターボーネン Lauterbrunnen方面の展望。 シュテッヘルベルク Stechelberg は、このような日本の昔の農村のイメージ。

これでおわりです。
最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

おわり
The END.

スイスアルプスハイキングとクラシカルソフトウエア
Schweizer Alpen Hiking and Classical software

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です