旅のハウツー

How-to wearing Alps-Hiking in Swiss

2017/3/3

P1010414

When we get to Switzerland and hiking Alps,
I was wondering if we should wear what in it.
Here, I consider it on our experiences ; it’s premised on hiking between July and September.

 

Geography

Latitude

Latitude of Switzerland: Switzerland lies to the North than Hokaido in Japan.
And, altitude of mountains in Hokaido is arround 2000m; there’s no glaciers in it.
Swiss Alps has altitude 4000m and glaciers against it.
I have the next impression for it.

“Upper (from Hörnlihütte) of the Matter horn (altitude 4478m) sit on the Mt.Yarigatake (Altitude 3060m).”

Altitude

In Swiss Alps, there are cliffs of glaciers between 2000m and 2500m high.
Then, many hiking course in it lie on between 2500m and 3000m high.
It seems Japan Alps.

Glaciers

Glaciers same rivers made by ices.
Then, if there are glaciers up your place, you may be in chill air and wind from it.
Thus, you may feel cold in it ; with getting good weather and sunlight.

Grindelwald

Grindelwald lies altitude 1000m over sea level on southward and sunny slope.
(Grund lies on bottom of its valley.)
In this place, we feel warm because out of ice air from glaciers.
At sunny day in summer, the temperature may go up centigrade 30 degrees.
But in the morning, it cool down under 10 degrees.

Zermatt

Zermatt lies on altitude 1600m over sea level ; bottom of valley having glaciers up it.
You may feel cold , because into ice air from it.
At sunny day in summer, the temperature may go up centigrade 25 degrees.
But in the morning, it cool down under 5 degrees.
You should think altitude of staying hotel.
Gornergrad lies on altitude 3090m over sea level; same as mountain villa Yarigatake in Japan.

Weather

In the rain and wind, your sensory temperature go down rapidly.
It seems to vary hard conditions that mountains in Japan north alps move to the north of Hokaido.
especially, we fear a thunder, because difficultly escaping from it; there is few tall tree in mountains of the Switzerland.
Collapses ,falling rock and ice in glaciers and cliffs.
I could get roars in the rain of the Zermatt.
When in it, we like to stay in hotel, or shopping in town.

Snow

When you get bad weather in Swiss Alps altitude 2500m over, you  may get snow.
That snow don’t begin to melt for a few days.

In Japan Alps we can start in the rain.
But, we shouldn’t start in the rain of Swiss Alps.

Wear

Jacket

We need protecting sunburn and wind and cold in sunny day.

Protecting cold

I usually put on more layers of clothing;
firstly, heavy polo shirt for protecting wind and cold.
secondary, polo shirt with uv-cut and rapid-dry.
I get the heavy one at mountaineers shop in Japan.
He said that mountain guides are wearing in Europe.
And my wife get similar one at a shop faces square of church in the Zermatt.
But we feel cold in September 2015.
Then, We like to put a thin sweater under more layers of clothing.

Rainwear

We need a rainwear; it can protect us rain and wind in bad weather.
The best one is a two-piece suit of “Gore-tex”.
Also a glove for rain is needed.
We get it in bad day of town.

Pants

I’m not particular about pants.
But, It’s better to ease walk and dry.

Underwear

Underwear ; I’m not particular about it too.
But, I like to protect cold and wind.

Hat

People who put a hat.
That’s almost Japanese.
But, I like to protect sunburn and rain.
I guess that Gore-Tex is best one.

The END.

Thank you for your reading.

Schweizer Alpen Hiking and Classical software

 

How to understanding hiking-scale described in English.

2017/1/6

dsc01729

There is a Trekking scale defined Swiss Alpine Club in the Swiss Alps.
A safety measure (eg. Guides, markers, etc) keep it.
And, hikers need following and keeping it.
Then, they can enjoy more safety hiking.

 

Here, we present our understand of The SAC Trekking scale in this article.

Caution

We discuss the trekking scale in non-snow condition only.
Hiking course with snow is more and  more danger for its hikers.
Also bad weather may has snow on hiking trails in the Switzerland.
It’s usual.
We hope you consider adequately it, and enjoy safety hiking in the Swiss Alps.

The SAC Trekking scale

See It’s detail in the next site.

http://www.alpenwanderleiter.ch/wa_files/Structure_20oft_20the_20SAC_20Trekkingscale.pdf

We understand it as the next issues.

T1 (hiking)

It’s marked with yellow color.
Its trail is good kept up, and terrain is flat or gentle slope.
Also there’s no tumble risk.

T2 (mountain hiking)

It’s marked with red and white color.
It has continuants of clear trails with no losing the balance in climbing.
Its terrain is espesially hard with tumble risk.

T3 (demanding mountain hiking)

It’s marked with red and white color.
At dangerous points on the trail, there are ropes and/or chains.
You may need both hands for the balance.
There are some risks (eg.. tumble , falling rocks,or loose rocks) on the partially dangerous points.

T4 (alpine hiking)

It’s marked with blue and white color.
You may need both hands for getting forward on the trail.
There are always risks (eg.. climbing patch of plants or shrubs on a steep rocky surface, loose rocks, easy glaciers without snow )

T5 (demanding alpine hiking)

It’s marked with blue and white color.
You need rock climbing on the trail.
There are always risks (eg.. loose rocks, some dangerous glaciers and grain of frozen perceptual snow )

T6 (difficult alpine hiking)

It’s marked with blue and white color.
You always rock climbing on the trail.
There are very hard risks sometimes (eg.. loose rocks, dangerous glaciers with slip and tumble )

Trekking scale walked by us

Thus, most easy hiking course ; that’s scale is T1 (unity marked yellow).
T2 and T3 corresponds walking along mountain ridges in Japan Alps.
It’s unity marked (unity red and white).
But more difficult grades from T4 to T6 are unity marked blue and white.
A hiker without expert  climber don’t enter this marked route (blue and white).
Also red and white marked route include T3 grade.
There are hard points on the route.
Get good ground work, and don’t enter such course.

We got the next listings on our experiences.

T1

Grindelwald

Unterer Grindelwald Gletscher (Phinstegg to Bäregghütte)
Gr.Scheidegg to First, Bachsee (Panoramaweg)
Männlichen – Kleine Scheidegg
Mannlichen – Wengen

Zermatt

Blauherd to Riffelalp
Gornergrat to Riffelberg
Gletschergarten

Kandersteg

Across Gemmipass between Sunnbüel and Gemmipass

T2

Grindelwald

Eigergletscher to Kleine Scheidegg
Faulhornweg
Gr.Scheidegg to Bachsee Faulhorn (Höhenweg)
Mountain-view trail (Mürren)

Zermatt

Hohenweg Hohbalmen
Schönbielhütte
Sunnegga to Riffelalp
Sunnega to Stellisee
Riffelberg to Gornergrat
Unterrothorn to Sunnega via Tufteralp
Täsch – Täschhütte (zigzag climb)
Europaweg

Kandersteg

Oeschinensee via Heuberg

Bettmeralp

Panoramaweg (from Lake Bettmersee to Riederfurka)

T3

Zermatt

Oberrothorn
Hornlihutte
Täsch – Täschhütte (direct climb)

Bettmeralp

Eggishorn to Tälligrat and Tällisee

We hope you put a plan through carefully and safely.
Also we feel course time (SAC-std) is for good walkers.
If you get bad weather in mountains of the Swiss Alps, you may get falling snow in summer.
It’s usual.
We wish you get enjoying safety hiking.

References

We succeeded understanding it with helping the next information.
Thank you so much.

Key:sac_scale , openstreetmap.org,
https://wiki.openstreetmap.org/wiki/Key:sac_scale

The Swiss (SAC) Hiking Scale , summitpost.org,
https://www.summitpost.org/grading-hiking-routes-sac-hiking-scale/187254

SAC-CAS difficulties scale , Le origini – mithrandir85.altervista.org , http://www.montagneticinesi.ch/scala_cas/?lang=en

The END.

Schweizer Alpen Hiking and Classical software

 

ハイキング難易度の見方(日本語)

2016/12/22

dsc01729

スイスアルプスにおいては、スイスアルパインクラブ(SAC)が定めた基準に従い、登山道の標識や安全設備の整備が進められています。
ハイカーはその内容を理解し、各自の力量に見合ったルート選択や装備の充実を適切に行うことが求められ、それが安全で楽しい登山の経験に繋がってきます。

そこで、本稿では、SACが定めた基準(The SAC Trekking scale) の内容と、私たちが歩いたハイキングコースのスケールを個別に紹介します。
皆様の安全で楽しい登山の実現に役立てていただければ幸です。

注記

ここで記載するのは、あくまでも無雪期のハイキングに限定しています。 積雪があると、ハイキングコースの危険性は格段に上昇します。 さらに、スイスでは天候が悪化すると夏でも新雪が降り積もることは普通のことです。 これらの点を十分に考慮いただき、スイスアルプスのハイキングを安全に楽しんでください。

The SAC Trekking scale

T1 (hiking)

黄色のマークで表示。
トレールは良く整備されている。
地形は、平坦か、緩やかなスロープ。
転落の危険は無い。

T2 (mountain hiking)

赤と白のマークで表示。
トレールは明瞭な道が連続し、登りでバランスを失うことはない。
地形は部分的に厳しく、転落の危険性が伴う。

T3 (demanding mountain hiking)

赤と白のマークで表示。
トレールの危険箇所はロープや鎖が設置されているが、バランス保持のため両手を使用する可能性がある。
部分的に険しい場所では、転落や落石、浮いた岩、などの危険性が伴う。

T4 (alpine hiking)

青と白のマークで表示。
トレールは、時折、前進のために両手を使用する必要がある。
地形は常に次のような危険性にさらされる。不安定な草付きの登り、浮いた岩、容易な雪の無い氷河。

T5 (demanding alpine hiking)

青と白のマークで表示。
トレールは、簡単な岩登りとなる。
地形は常に次のような危険性にさらされる。浮いた岩、幾つかの危険な氷河や凍った粒状の万年雪。

T6 (difficult alpine hiking)

青と白のマークで表示。
トレールは、岩登りとなる。
地形はしばしば大変な危険性にさらされる。浮いた岩、スリップや転落の危険が伴う氷河。

私たちが歩いたハイキングコースのスケール

このように、やさしいハイキングコースのスケールはT1で、黄色の標識で統一されています。
また、日本アルプスの通常の縦走路にも相当するハイキングコースのスケールはT2とT3で、赤と白の標識で統一されています。
しかし、それを越える厳しいグレードのハイキングコースはT4~T6まであり、青と白の標識で統一されています。
鍛錬されたアルピニスト以外は青と白でマークされた道に入らないことが安全のために必要です。

また、赤と白のマークがある道でも、スケールがT3のものは厳しい箇所が出てくる恐れがあります。
事前の下調べを十分に行って、迷い込まないように心がけましょう。

以下は、自分達が歩いたコースについて、実感から納得できるスケールです。

T1

Grindelwald

Unterer Grindelwald Gletscher (Phinstegg to Bäregghütte)
Gr.Scheidegg to First, Bachsee パノラマベークルート(Panoramaweg)
Männlichen – Kleine Scheidegg
Mannlichen – Wengen

Zermatt

Blauherd to Riffelalp
Gornergrat to Riffelberg
Gletschergarten

Kandersteg

Across Gemmipass between Sunnbüel and Gemmipass

T2

Grindelwald

Eigergletscher to Kleine Scheidegg
Faulhornweg
Gr.Scheidegg to Bachsee Faulhorn ホーエンベークルート(Höhenweg)
Mountain-view trail (Mürren)

Zermatt

Hohenweg Hohbalmen
Schönbielhütte
Sunnegga to Riffelalp
Sunnega to Stellisee
Riffelberg to Gornergrat
Unterrothorn to Sunnega via Tufteralp
Täsch – Täschhütte (zigzag climb)
Europaweg

Kandersteg

Oeschinensee via Heuberg

Bettmeralp

Panoramaweg (from Lake Bettmersee to Riederfurka)

T3

Zermatt

Oberrothorn
Hornlihutte
Täsch – Täschhütte (direct climb)

Bettmeralp

Eggishorn to Tälligrat and Tällisee

ハイカーの皆様が安全に歩けるコースなのかどうかの判断は、こうしたスケールの値だけでなく、先行された方々の記事に接して、慎重かつ安全優先でなされる方が良いと思います。
また、コースタイムは休憩時間を含みませんし、SAC-std.のコースタイムは健脚向きにできているように感じています。
氷河のあるスイスの山で天候が悪化すると、夏でも雪が降り積もることは普通のことです。
皆様の安全で楽しいハイキングにお役に立てれば幸です。

参考文献
References

下記の情報に助けられ、ハイキングスケールを理解できました。
情報を提供された方々に御礼申し上げます。
We succeeded understanding it with helping the next information.
Thank you so much.

Key:sac_scale , openstreetmap.org,
https://wiki.openstreetmap.org/wiki/Key:sac_scale

The Swiss (SAC) Hiking Scale , summitpost.org,
https://www.summitpost.org/grading-hiking-routes-sac-hiking-scale/187254

SAC-CAS difficulties scale , Le origini – mithrandir85.altervista.org , http://www.montagneticinesi.ch/scala_cas/?lang=en

おわり
The END.

スイスアルプスハイキングとクラシカルソフトウエア
Schweizer Alpen Hiking and Classical software

 

旅のハウツー:スイスで外食 (How-to eating out in Switzerland.)

2016/5/12

スイスでは、チェルマットやグリンデルワルドのような観光地を除き、日曜日は駅外のレストランや小売店の営業がありません。
そのため、スイスを旅する場合、ホテルとともに食事のことも予め調べ、予定を立てておく必要があります。
そこで、本稿では外食する場合のノウハウを整理することにします。

なお、自炊のノウハウは「旅のハウツー:スイスで食料品の買い物」を参考にしてください。

2017年の旅で利用したミューレンとカンダーシュテークのレストランを追加しました。

チューリッヒ
Zürich

スイスの各地に日本から渡航する場合、チューリッヒ空港で入国する場合が多いと思います。
直行便は午後早い時間に到着できるのでチューリッヒのレストランで外食もできます。
しかし、経由便は到着が夜になるので、それはできません。

直行便利用の場合

チューリッヒ中央駅から歩いて5分くらいの範囲にある、私たちが利用したレストランです。

MIGROS Restaurant

所在地        Löwenstrasse 35, CH – 8001 Zürich
                    MIGROS City Löwenstrasse 4階

営業時間 月曜から土曜 9:00~20:00

特徴

カフェテリア形式のレストラン。
自分の好きな料理をお皿に、飲み物をカップに盛り付け、トレイに乗せて、レジで清算。
重量による量り売り。
テーブルは空いていれば、どこでもOK。
景色の良い野外のテラス席もある。

予算

冷たい飲み物 2, サラダ 2, デザート 1, メイン 2 で約38CHF(2013年8月時点)

DSC00022 DSC00024

MANOR restaurant

所在地 Bahnhofstrasse 75 8021 Zürich
                MANOR デパートの5階

営業時間 月曜から土曜 9:00~20:00

特徴

カフェテリア形式のレストラン。
お皿やカップに盛り付けてある料理や飲み物をトレイに取って、レジで清算。
料理や飲み物別に値段が付いている。
テーブルは空いていれば、どこでもOK。
景色の良い野外のテラス席もある。

予算

2人分の料理と飲み物で60CHFくらい。(2013年8月時点)

経由便利用の場合

経由便利用では到着が遅い時刻になるので、レストランは利用できないと思われます。
このため、食料品店で買ってホテルの部屋で食べることになります。
以下は、私たちが利用した食料品店です。
これらは、日曜日も営業しています。

チューリッヒ空港
Zürich flughafen

Migros-Flughafen

所在地       Migros-Supermarkt
                   Flughafen Zürich AG
                   8058 Zürich – Flughafen

営業時間  06:00 – 23:00

チューリッヒ中央駅
 Zürich Haupt Bahnhof

Marinello-Zürich-Hauptbahnhof

所在地    Bahnhofpassage Zürich
                (Hauptbahnhof 1. UG)

営業時間  月~土  06:00~21:00
                  日          08:00~21:00

Migros-Zürich-Hauptbahnhof

所在地      Migros-Supermarkt
                 

営業時間 月~金   6:30~22:00
                     土、日    8:00~22:00

ホテル クローネ
 Hotel Krone Unterstrass Zürich

駅の大通りのリマト川の橋を渡り、歩いて10分くらいの距離にある、落ち着いた雰囲気の4ツ星クラスのホテル。
お手頃な価格でチューリッヒの郷土料理のディナーを楽しむことができます。

所在地   Schaffhauserstrasse 1, 8006 Zürich

ディナーコース二人分(前菜、サラダ、スイスイモと白身魚のフライのホワイトソース、そしてデザートとグラスワインとコーヒー)でおよそ130CHF

P1010954

 

前菜

 

 

 

 

P1010955

 

サラダ

 

 

 

P1010956

 

スイスイモと白身魚のフライのホワイトソース

 

 

 

 

P1010961

 

デザート

 

 

 

 

ベルン
Bern

ベルンには、日曜日でも営業している地中海料理のレストランがあります。
直行便ならチューリッヒ空港から約1時間。
ホテルにチェックインした後にディナー、翌日は世界遺産の旧市街観光、というのも素敵ではないかと思います。

P1000335

The Schwellenmätteli restaurants (Restaurant Terrasse)

所在地    Dalmaziquai 11 3000 Bern 13

営業時間  月–土    AM 9:00 – 翌 AM 0.30
                  日          AM 9:00 – PM 11.30

インターネット http://www.schwellenmaetteli.ch
(テーブルの予約も可能)

 

 

グリンデルワルド
Grindelwald

P1020357

グリンデルワルドは日本から観光客が多数訪れる定番の観光地。
私たちがスイスで最初に訪れた地でもあります。
最初ですから、日本語のメニューで日本語で注文できるレストランに足が向きます。
まず、そこから紹介します。

Restaurant Barry’s

所在地    , 3818 Grindelwald
                (ホテル アイガー Hotel Eiger の二階)

営業時間   夏期 AM 6:00 ~ PM 10:00

特徴

日本語メニューがあり、日本人のスタッフが対応してくれる。
店内は山小屋風の雰囲気が漂う。

予算

チーズフォンデュと飲み物  2人前    約 70CHF (2010年夏)
Hupen 1, Grapefruitsaft 1, F-Tomaten 2, Rondelle 1 

Kreuz & Post

所在地   Dorfstrasse 85 Grindelwald 3818
               駅から20m

特徴

夕日に染まり行くアイガーをテラス席で眺めながらいただくデザートは最高です。

 

チェルマット
Zermatt

P1010896

チェルマットはグリンデルワルドやサンモリッツと並び立つスイスアルプスの登山基地です。
その周囲にはマッターホルン、モンブランやドーム、ワイスホルンなど、15以上の4000m峰が林立する。
街には、一流のホテルやレストラン、ブティックなど、たくさんのお店が立ち並び、スポーツ施設やドクターオフィスも備える、一大避暑地でもあります。

さらに、駅前通りには、高級なレストランやカフェが軒を連ねますが、我々には高価。
そこで、私たちが利用させていただいた中で、リーズナブルだったところをご紹介します。

 

フッフス
Bäckerei-Bistro Fuchs Zermatt

所在地    Getwingstrasse 24, 3920 Zermatt
                ゴルナーグラートバーン GGB のチェルマット駅脇の路地を線路に沿って歩いて、
                およそ5分

営業時間  AM 07:00 ~ PM 6:30

インターネット  https://www.fuchs-zermatt.ch/

特徴

 自家製のパンやチョコレートなどをお持ち帰りもできるし、店内のテーブルやテラスのソファーでくつろぎながら、味わうことができる。
店内は明るく清潔、テラスは鉢植えやテーブル上の花々が美しく、吹く風もさわやか。
そして、価格もリーズナブルでおいしい。
何度でも利用したくなるお店です。
コーヒーには、チョコレート製のミニカップに入ったミルクが付く。
ミルクをコーヒーに注いだ後、このカップもいただく。おいしいです。

山小屋トリフト
Berggasthaus Trift

所在地   Berggasthaus Trift 3920 Zermatt
                ホテル・エーデルワイスを経てトリフトバッハに入るルートで山道歩き、
                チェルマットから登り1時間半。

営業時間    6月下旬から9月下旬

特徴

ご主人の心のこもったサービスがうれしい。
そして、手作りのアップルパイがおいしい。

ミューレン
Mürren

ミューレン Mürren はラウターボーネンタール Lauterbrunnental の奥、氷河谷の側壁の上に位置し、シルトホルン Schilthorn 2970m の登山口として有名な観光地です。

ミューレン Murren の街並み

ミューレン Murren の街並み

Hotel Alpenblick Murren

所在地     Aegerten 3825 Mürren
     電車やロープウエーの駅からは離れた場所、電車の駅からグルッチアルプ駅 stn.Grütschalp の方に
               歩いておよそ10分くらいの静かな落ち着いた雰囲気の線路沿いの場所にあります。

特徴

レストランの窓越しに見える夕日に照らされたアイガー北壁を眺めながらいただくディナーは格別の味わいがある。
ここのサラダはとても美味しかった。

Hotel Alpenblick Murren のおいしいサラダ

Hotel Alpenblick Murren のおいしいサラダ

カンダーシュテーク
Kandersteg

カンダーシュテークはコバルトブルーの湖水をを湛える美しい湖 エッシネン湖 Oeschinensee がある、
ベルナーオーバーラントの静かな避暑地です。

ここも一流のホテルやレストランがたくさんありますが、私たちが利用したお店を紹介します。

パン屋さんのカフェ マーモット
Bäckerei-Tea Room Marmotte

所在地    Innere Dorfstrasse 19 3718 Kandersteg 

特徴

駅に近い、メインの通り(舗装道路に面したパン屋さんが営むレスラン。
ブルームリスアルプホルン Blüemlisalphorn 3661m を望むテラス席で、自家製のパンや軽食をいただくことができる。
価格はリーズナブルでおいしかった。

 

Hotel Ermitage

所在地     Bei Sesselbahn Oeschinensee 3718 Kandersteg

特徴

エッシネン湖に登るロープウエーの駅に最も近い場所に位置する。
夕食はテラス席がお勧め。
夕日に照らされ明るく輝く岩山を眺めながらいただくディナーは素敵だと思います。
夕食にはサラダバーをつけると好きな野菜を好きなだけ新鮮な生でいただくことができます。
価格はリーズナブルでおいしかった。

夕日に輝くドルデンホルン方面の岩山

夕日に輝くドルデンホルン方面の岩山

 

おしまい

スイスアルプスハイキングとクラシカルソフトウエア
Schweizer Alpen Hiking and Classical software

 

旅のハウツー:スイスアルプスハイキングのウエアを考える

2015/2/19

P1010414

スイスに行って、アルプスをハイキングする。
その時、何を着るか?
私たちの経験を元に考えてみます。
7月から8月のハイキングが前提です。
2015年8月の経験を踏まえて更新しました。

地理

緯度

スイスの緯度は北海道より若干ですが北に位置します。
北海道の山岳は2000m級で氷河がありません。
これに対してスイスアルプスは4000m級で氷河があります。
この4000m級を日本の山岳でイメージすると、次のようになります。

「槍ヶ岳山荘(標高3060m)の上にマッターホルン(標高4478m)の上部(Hörnlihütteあたりから上)が乗っている。」

標高

スイスアルプスでは、標高2000m~2500mあたりには氷河の岩壁があるため、ハイキングコースの標高は標高2500m~3000m程度のところが多いと思います。
この高度は日本の北アルプス、南アルプス、中央アルプスに相当する高度です。

氷河

氷河というのは、氷の塊が大きな川となって山を流れ降るものです。
ですから、歩いている場所の上方に氷河があると、冷蔵庫のように冷たい空気が氷河の方から吹いてくる。
天気が良く、日光にあふれていても、寒いです。

グリンデルワルド

グリンデルワルドは標高およそ1000m、南向きの日当たりの良い斜面に開けた町です。
(谷底はグルント)
氷河から流れ出る冷たい空気の外になり、暖かさを感じます。
晴れている日中は30度くらいまで気温が上昇することがありますが、朝は10度くらいまで下がります。

チェルマット

チェルマットは、標高およそ1600m、上部に氷河を抱える氷河谷の谷底に位置します。
上部に氷河があり、その冷気にさらされる位置にあるため、涼しさを感じます。
晴れている日中の気温は25度程度までしか上がりません。
朝は5度程度まで下がります。
宿泊するホテルの標高に注意が必要です。
ゴルナーグラートは3090m、槍ヶ岳山荘並の標高です。

天候

雨の時は、風と相まって体感温度が急速に低下します。
私は、日本の北アルプスを北海道の北に持ってきたような厳しさを想像します。
怖いのは雷、スイスの山はハイキングコースに高木がほとんどないところが多いので、回避が難しい。
そして、氷河や岩壁の崩壊、落石、落氷。
チェルマットの街で雨の時、時折轟音が響き渡るのがわかります。
私は、雨の時は停滞して、ホテルの部屋でのんびり過ごすか、街にでてショッピングを楽しむ方が好きです。

スイスアルプスの標高2500m以上の場所では、天候が崩れると夏でも雪が降ります。
雪が降った後は、積もって暫く解けないことが多いようです。
このため、日本のアルプスならば雨でも出発してしまいますが、スイスアルプスでは悪天候が予想される場合の出発は見合わせるべきだと思います。

ウエア

上着

日当たりが良い時は日焼け防止機能が必要です。
そして、防風と防寒の機能を兼ね備えたものが欲しい。

防寒着

私は、UVカットで速乾のポロシャツの上に、防風と防寒の機能を兼ねた厚手のポロを重ね着します。
このポロは日本の山岳用品店で「山岳ガイドが着ている」と書いてあったのを見て、購入したもの。
妻は同様のポロをチェルマットの教会前の広場前のお店で買ったものを着ている。
しかし、昨年2015年8月のチェルマットのハイキングでは、これでは寒く感じました。
薄手のセーターを用意して前記の防寒防風のポロの下に重ね着した方が良いでしょう。

雨具

雨具は、荒天時に雨と風から体を守ってくれる必需品です。
ゴアテックスの上下がベスト。
プラスで雨用の手袋が必要です。
雨が降って寒い時は街中でも着用しています。

ズボン

ズボンは、特にこだわりありませんが、速乾で歩き易いものが良いと思います。

下着

下着もこだわりありませんが、ヒートテックのシャツやタイツが寒いルートを歩く場合、欲しくなります。

帽子

帽子を被っているの人は、ほとんど日本人のようですが、日焼け防止と軽い降雨時の雨避けのためにあった方が良いと思います。
ゴアテックスがベスト。

以上、簡単ではありますが、スイスアルプスハイキングのウエアについて考えてみました。
皆様のお役に立てれば幸いです。
おつきあいいただき、ありがとうございました。

スイスアルプスハイキングとクラシカルソフトウエア

 

旅のハウツー:スイス個人旅行の予算

2015/2/9

2017年の経費データを反映しました。

旅のハウツーシリーズでは、スイスの個人旅行の実行上のノウハウを私たちの経験を元に述べてきました。
そしてその中には、旅行費用の大部分を占めることになる、航空券の買い方やホテルの予約の仕方が含まれていました。
では、スイスの個人旅行は一体どれくらいの額の予算が必要なのでしょうか?
本稿では、私たちの経験を元に解説して参ります。

注意

  1. 金額は夫婦二人分となっています。
  2. 2017年の経費データを反映しました。
  3. 金額は、あくまで参考としてご理解いただき、ご自身で確認のうえ自己責任でご利用ください。

交通費

私たちは2010年7月から5回個人旅行としてスイスを訪れ、毎回スイスエアラインズの成田~チューリッヒ直行便を利用しました。
しかし、2015年は直行便の航空券代金が高騰したので、やむを得ず経由便に変更しました。
2017年は価格が元に戻ったことと、フライレールバゲッジサービスの適用範囲がスイス航空に制限されたことから、直行便にしました。

航空券の高騰

航空券代金は渡航の都度、上昇しています。 時系列に整理すると次のようになります。

  1. 2010年 アイスランドで大規模な火山噴火が発生。
    その影響でヨーロッパのほとんど全域で航空機の運行が停止に追い込まれた。
  2. 2011年 サーチャージが値上がり。
    私たちは、航空券以外の交通費を効率化して、この値上がりインパクトをカバーした。
  3. 2013年 火山噴火の影響が一段落、サーチャージが値下がり。
  4. 2015年 大幅な円安が進行。直行便の運賃が高騰。
    私たちは経由便に切り替えて対応しました。
  5. 2017年は元に戻ったので、直行便にしました。

以前は直行便を利用しても航空券以外を含めた交通費全体の必要予算額は、40~50万円程度に収めることができました。
2015年は経由便を利用しても超えてしまいましたが、2017年は達成できました。

滞在費

滞在費、それはホテル代金と、外部のレストランでの食事やお店で購入する食材の合計として捉えています。
ホテルを決める際に、駅から近い利便性をとるか、少し遠くても安価な方にするか、その時々の事情によって選考は変わります。
私たちは、2011年と12年は少し贅沢な四ツ星ホテルで自炊しました。
2010年は三ツ星ホテルで外食、2013年はアパートメントホテルで自炊でした。
滞在費の必要予算額は、三ツ星ホテルで外食なら1日平均2万3000円程度、四ツ星ホテルで自炊ならば1日平均2万5000円程度、アパートメントホテルで自炊ならば1日平均2万2000円程度と思います。
(これはスイスフランに対する円レートが1フラン100円程度と想定したものです)
もちろん、もっとローコストなホテルを選択したり、レストランでの食事を抑制したりすれば、相応に低減できると思っています。

雑費

雑費は運送費と保険、そして土産です。

運送費

運送費とは下記の費用です。

  1. スーツケースなどを成田空港か羽田空港へ空港宅配便等を利用して送る費用
  2. チューリッヒ空港から滞在先の最寄り駅まで送るフライレールバゲージ 22CHF
  3. チューリッヒ空港から滞在先の最寄り駅まで送るラゲッジスイッツアランド 12CHF
  4. 帰りに、滞在先の最寄り駅でチェックインする費用 22CHF
  5. 同じく、成田空港か羽田空港から自宅までの宅配費用

保険

保険とは旅行保険の意味ですが、歯科診療をサポートする保険とサポートしない保険があります。

  1. 歯科診療をサポートしない代表的商品 損保ジャパン 旅行日数13日で8000円程度
  2. 歯科診療をサポートする代表的商品 AIU 旅行日数13日で2万円程度

土産

土産とは、ご近所、家族や会社など、帰宅を待ってくれている人々への心尽くしです。
削減は工夫しだいとも言えますが、それも限度がありますね。

おしまい

以上、簡単ではありますが、スイスへの個人旅行の予算のたて方についてまとめました。
これで筆をおきます。
おつきあいいただき、ありがとうございました。

 

スイスアルプスハイキングとクラシカルソフトウエア

 

旅のハウツー:スイスとの時差を理解する

2015/1/14

基本

スイスと日本との時差はサマータイム期間で7時間、それ以外の期間では8時間あります。
(サマータイム期間でスイスは日本より7時間遅れ)

具体的には、日本が14時35分ならスイスは7時35分となります。
これだけでは、当たり前すぎて面白くありませんので、日本からスイスに飛行機で行くときと帰るとき、どんなことが起こるか考えてみます。

P1000335

 

ベルンの時計台

 

 

成田空港からチューリッヒ空港に直行便で行く場合

スイス航空のチューリッヒ直行便のタイムテーブルを一例にとると、凡そ次のようになっていると思います。

出発時刻: 午前 10時00分
到着時刻: 午後 15時00分
飛行時間: 約  12時間

これは不思議なタイムテーブルです。
なぜなら、10時00分から12時間経過した時刻は10+12=22で22時00分のはずが、15時00分に到着するからです。

機内では12時間経過したにもかかわらず、ボーディングブリッジを渡った瞬間、7時間分の時間がなくなってしまう。

私たちが飛行機に乗って移動している間、夜は訪れないのです。
この無くなった7時間は、直行便を利用することによって購入できる貴重な価値ある時間と考えることができます。
実際、16時頃にはチューリッヒ中央駅に到着できます。
駅の近くにホテルを取っていれば、チェックインを済ませた後、日本の銀座通りのようなショーウンドのウンドショッピングや湖までの散策、そしてレストランでのディナーなど、満喫することができます。

成田空港にチューリッヒ空港から直行便で帰る場合

行きと同様、スイス航空のチューリッヒ直行便のタイムテーブルを一例にとると、凡そ次のようになっていると思います。

出発時刻: 午後 1時00分
到着時刻: 翌午前 7時30分
飛行時間: 約  12時間

13時00分から12時間経過した時刻は13+12=25で翌1時00分のはずが、7時30分に到着するので、6時間30分の時間を失っています。

しかも、成田には朝7時30分の到着なので、その日の夜まで寝ることができません。
私たちが飛行機に乗って移動している間、夜が訪れ、朝になってしまいます。
機内で仮眠していない方は徹夜した朝と同じことになっています。

まとめ

日本からスイスに直行便で行く場合、行きは機内で仮眠しなくても時差ぼけになりにくいことが分かります。
しかし、逆に帰りは機内で仮眠しないと徹夜した朝と同じで、翌日の昼間がとっても眠くなり、時差ぼけになりやすいと思います。

以上、簡単ではありますが、スイスと日本の時差についてまとめました。
これで筆をおきます。
おつきあいいただき、ありがとうございました。

スイスアルプスハイキングとクラシカルソフトウエア

 

旅のハウツー:スイスのホテル:予約の仕方

2015/1/6

20110721_090235

本稿は先に書いた「スイスのホテル:選択の仕方」の続編です。
スイスへの個人旅行を前提に、旅行期間中の宿泊や飲食などの滞在経費をどのように節約できるのか、2016年の最新の経験を踏まえて迫ります。

 

 

 

ホテルとのコンタクトの取り方

ホテルの予約をする場合、まず決めなければならないこと。
それはホテルとのコンタクトに仲介業者(またはインターネット上のサイト)を使うか否か、そしてその選択です。
私たちが初めて海外旅行したときは、オフラインの業者に、予約からチケットの手配まで多くのことをお任せしたものです。
しかし、それでは自前の海外旅行を自分好みに企画、エンジョイすることができないかもしれません。
費用も割高になるかもしれません。

スイスの谷奥のひなびた田舎のホテルに滞在したい場合、仲介業者のインターネットサイトで扱っていない場合があります。

例えば、ピカソも滞在した、ゲンミ峠越えの古道にあるベルグホテル シュワーレンバッハ

これらのホテルを予約する場合、コンタクトはホテルが提供するインターネット上のホームページを介した電子メールとなるでしょう。(使用できる言語は英語かドイツ語)

仲介業者を介さない直接予約

仲介業者を介さないコンタクトには下記のようなリスクが伴います。

  • 暗号化通信が提供されず、クレジットカード情報を含む個人情報を平文で送信しなけらばならない。
  • 前払いやキャンセル料などの重要事項が明示されないこともある。
  • 宿泊料金全額の銀行振込またはクレジットカードでの全額前払いが必要となることがある。
  • 予約が確約されたかの確証が発行されないこともある。

仲介業者を介した予約

以上のようなリスクを仲介業者がホテルとコンタクトを取って解消してくれることが期待できます。
提示価格もインターネット上の競争で割安になることが期待できます。

早期予約が大事

スイスへの個人旅行の場合、秋頃には翌年の夏期シーズンの予約の動きが本格化します。
早く予約する方が良いホテルをより安価に予約できます。

予約に際しての注意点

予約に際して共通的に注意すべきことがあります。
それは、決済の時期、そしてキャンセルの返金条件です。

前金

前金決済があるかどうか、ある場合は時期を確認してください。

宿泊代金の決済方法

宿泊代金の決済方法は、現地で直接決済する場合もあれば、仲介業者を介してクレジット決済する場合もあります。事前に確認された方が良いでしょう。

キャンセル料

宿泊直前まで無料でキャンセルできる場合もあれば、所定のキャンセル料を請求される場合もあります。事前に確認された方が良いでしょう。

返金条件

前金の場合ですが、キャンセルしても「返金不可」との条件が付いている場合があります。
注意しましょう。

個別的条件で注意すべきこととして、禁煙とキッチン、そしてレストランの有無があります。

禁煙

国内もスイスも同じですが、「禁煙」と表示がなければ喫煙の部屋です。
禁煙・喫煙は物件のホテルからの提示条件の一つです。

キッチン

レストランでのディナーは出費がかさみます。部屋で自炊を希望する場合、「kitchen]を指定して検索しましょう。
Booking.com では、自炊に必要な設備一式を備えた部屋を検索できるようです。

レストランの有無

朝食を外食にする、または、パンと飲み物を前夜に買っておいて朝食にする場合、レストランは不要ですが、そうでない場合は必須です。
事前に確認された方が良いと思います。
朝食付きの部屋ならば問題ないですが、朝食なしの部屋ではオプションとして追加可能か確認をお勧めします。

ホテルオーナーへの希望の伝達

予約の時でも、その後でも、ホテルオーナーに伝達しておきたい事項はあるものです。
忘れないうちに仲介業者を通して伝えておきましょう。
私たちは次のようなことを伝達するようにしています。

  • 1、バスタブを希望
  • 2、禁煙を希望
  • 3、ドライヤーを希望
  • 4、マウンテンビューを希望

通貨の選択

スイスの通貨はフラン(CHFと略記)です。
私たちの経験では、円で決済するよりフランで決済して、クレジットカード業者で換金してもらう方が料率が有利で、換金レートも明確にできます。

まとめ

「滞在経費をどのように節約できるのか」をまとめると、次のようになります。

  • 1、仲介業者を通じて予約する
  • 2、食事(朝と夜)をどうするかを考えて無駄を省く
  • 3、早期の予約を心がける
  • 4、希望は忘れず、ホテルオーナーに連絡しておく

以上、スイスのホテルの選択と予約の仕方を二回シリーズでまとめました。
これで筆をおきます。
おつきあいいただき、ありがとうございました。

スイスアルプスハイキングとクラシカルソフトウエア

 

旅のハウツー:スイスのホテル:選択の仕方

2015/1/5

20110721_123457

個人旅行は自分の好みにあわせて自由気ままな旅を満喫できる反面、旅行会社企画のツアーに比べて費用が高くなりがち、費用の低減が課題となります。
その鍵の一つはホテルの宿泊代金を含む現地滞在経費の効率的な使い方です。
それは、ホテルに支払う宿泊代金の他、それ以外の飲食費用を含みます。
本稿ではスイスへの個人旅行を前提に、旅行期間中の宿泊や飲食などの滞在経費をどのように節約できるのか考えるための知識として、スイスのホテルについて整理します。

 

 

ホテルの種類

ホテルの種類というとランキング(一つ星、二つ星、三つ星、四つ星、五つ星)で表される分類が有名です。
しかし、このランキングは、宿泊する客の立場から見ると理解が難しいところがあります。
例えば四つ星なのに、部屋の広さが三つ星ホテルと変わらない、朝食はアメリカンなものが提供されるが実は暖かい料理は新鮮でなかったり、コーヒーは煮立って味が変わっていたり、部屋の清掃はしてくれるがタオルやシーツは数日間交換してくれない、とか宿泊した後で気づかされることがあります。
ですので、私たちは星の数よりも、次の三点が大切だと思います。

  • 1、設備の共用
  • 2、アメニティの有無
  • 3、朝食の有無と内容

 設備の共用

いろいろな共用があると思いますが、基本的に重要な共用には、「宿泊する部屋の共用、トイレやシャワーの共用」があります。

宿泊する部屋の共用

これは、共用する部屋の中に複数のベッドがあり、宿泊者に一つのベッドが割り当てられる形態です。代表例はユースホステルやドミトリー(dormitory)、B&B(bed and breakfast)。
宿泊する際に気になるところは、「鍵のかかるロッカーがあるかどうか」です。
鍵のかかるロッカーがあれば、荷物や貴重品を保管できるので、少しは安心してシャワーを浴びたり、就寝したりできます。
無ければ、気になって、落ちついて眠れないことがあるかもしれません。

トイレやシャワーの共用

トイレやシャワーが共用となっている形態です。
通常部屋が共用であればトイレやシャワーも共用でしょう。
代表例は、ユースホステル(youth hostel)やドミトリー(dormitory)、B&B(bed and breakfast)、ゲストハウス(guesthouse)。
宿泊する部屋が宿泊者別に割り当てられてもトイレやシャワーは共用の場合もある。
代表例は、ゲストハウス(guesthouse)。

アメニティの有無

私たちが重要視するアメニティには、次のものがあります。

  • 1、Wifi,
  • 2、バスタブ
  • 3、キッチン
  • 4、ドライヤー
Wifi

Wifiとは無線LANのこと。スイスではテレビもラジオも現地語(ドイツ語圏ならばドイツ語)で放送されます。天気の情報を知りたくても容易ではありません。
ましてや、日本国内の情報はほとんどニュースにならず、日本でその日に起こった事件や災害などの情報を知るためには必須のツールです。

バスタブ

日本人には湯船につかることで一日の疲れをいやす習慣がありますが、ヨーロッパの人たちにはそのような習慣はないと聞きます。しかし、ほとんどのホテルは希望すればバスタブ付きの部屋を割り当てていただけるようです。ただ、事前の確約はとれません。

キッチン

短期の宿泊では外食もしかたありませんが、レストランで食べると一人平均50フラン程度かかります。(100フランを越えることも珍しくない)
そこで、食材だけCOOPやMIGROSで買って、部屋で自炊したくなります。
そのためにはキッチンが必要です。

ドライヤー

スイスのホテルでは部屋にヘアードライヤーを置いていないところが多いと聞きます。
フロントに頼めば貸してくれるようですが、面倒ですね。
そこで自分で持っていくことになるわけですが、荷物になります。
部屋にヘアードライヤーがあれば、その必要がなくなるので、確認するようにしています。

朝食の有無と内容

スイスで食料品の買い物」に記しましたように、スイスのホテルの朝食は二種類あります。
一つはコンチネンタル(Continental breakfast)、次にアメリカン(American breakfast)
コンチネンタルは暖かいものはコーヒーだけ、パンとハムとチーズ、ヨーグルトと果物が付き、
アメリカンは、コンチネンタルに加えて暖かい料理(ボイルされた卵や、煮豆など)が付きます。

アメリカンであっても、前節に記したように暖かい料理がおいしくなかったりすることも有りますので、朝食をコンチネンタルにするという割り切りもあると思います。

また、ホテルの外で外食すると、マックでコーヒーでも二人で5フラン程度、町の小さなレストランで軽食だと二人で40フラン程度の出費になります。
ホテルの朝食をオプションで追加すると15フラン程度かかりますが、おなかいっぱい食べることができるので、外食と比べてそれほど高価ではない。
むしろ時間の節約になりますので、利用して損はないと思います。

ホテルの選択

ホテルを予約する前に、次の点を整理することをお勧めします。

  1. 自宅を出発して成田空港とチューリッヒ空港を経て最初に滞在するホテルをどの都市にするか
  2. その都市を起点に一日単位で、何処に移動して何処に宿泊するか、移動手段をどうするか
  3. そして、朝食と夕食をホテルで取るのか、外食にするのか、自炊にするのか
  4. ホテルのタイプをどうするか

まとめ

私たちはセキュリティの観点を重視し、宿泊する部屋の共用はいまのところ選択していません。
また、チューリッヒやベルンなどの大都市で駅近なロケーションであれば、朝食なしの選択もありうると思います。
それ以外の観光地(グリンデルワルドやチェルマットなど)では、ホテルの近くにカフェがないところが多いですし、早朝の時間帯には営業していないことも有り得ます。
ですので、朝食を外食にするよりも、朝食付きの条件でホテルを選ぶ方が良いと思っています。

予約の仕方については、次回の予定とさせていただき、これで筆をおきます。
おつきあいいただき、ありがとうございました。

 

スイスアルプスハイキングとクラシカルソフトウエア

 

旅のハウツー:スイス私鉄の割引切符の買い方

2014/12/24

はじめに

P1000428

 スイスの鉄道の割引切符には国鉄(SBB)が発行するもの以外に、各地の私鉄が発行するものがあります。
前者は「スイスで列車に乗る方法」に記載済みですので、本稿では後者について記載します。
そのなかでも、私たちが経験したチェルマットのピークパス(Peakpass in the Zermatt)を取り上げます。

付記

私たちが2010年7月に利用した「ユングフラウバーネンパス(Jungfraubahnenpass in the Grindelwald)」は既に存在しないようです。
ユングフラウバーネンのホームページ(https://www.jungfrau.ch/shop/en/tickets/bergbahn/angebote/jungfrau-travel-pass)を参照ください。

チェルマットのピークパス(Peakpass in the Zermatt)

詳細は「 https://www.gornergratbahn.ch/ 」を参照ください。

利用可能日数

連続で、1〜21日, 1ヶ月
フレキシブルに、期間5日の中で3日、または、期間6日の中で4日
( Flexible multiple-day passes )

利用可能区間

Randa – Täsh,- Zermatt
Zermatt – Sunnega,- Brauherd,- Unterrohthorn
Zermatt – Findelbach – Riffelalp – Riffelberg – Riffelboden – Gornergrat
Zermatt – Schwarzsee – Trocknerstegg – Klein Matterhorn

価格

スイスパス、スイスフレキシーパス、スイスカードのいずれか保有を条件に下記の価格で購入できました。
2011年 9日間 二人  496.00 CHF
2012年 10日間 二人 520.00 CHF
2013年 3日間 二人 296.00 CHF
2015年 3日間 二人 296.00 CHF

詳しくはGGBのサイト( https://www.gornergratbahn.ch/ )にアクセスください。

まとめ

普通にチケットを買う方が安価と思います。
ピークパスを購入するメリットは、下記にあると思います。

  1. チケット販売窓口の行列に並ばずに済む。
  2. ハイキングの途中で天候が悪化した時でも近くの駅から自由に乗車できる。
  3. 必要ならば何度でも乗ることができる。

購入の際に注意すべきこと

バリデーションをいつからしたいのかを明確に窓口の方にお伝えください。
私は、この際に行き違いがあり、翌日に再発行していただいた経験があります。

スイスアルプスハイキングとクラシカルソフトウエア